結婚指輪、愛着を持ち続けられるものであることも大切かな

外したくなくなる指輪を探す

例外を除けば結婚指輪は一生涯に一度きりの買い物で、流行や趣味の変化で買いなおすということはしません。後悔のないように慎重に選ぶ必要がありますが、ブランドやデザインなどが数多くある中で一つを絞っていくのは大変な作業であると同時に楽しくもあるものです。

気に入ったものを買いたい気持ちは誰でも同じだと思いますが、金額がピンキリなので気に入ったからこれにするといった購入の仕方ができる人は少数でしょう。ただ、「妥協した」と後々まで気持ちを引っ張ってしまうような買い物は愛着を薄めてしまう可能性が強いので考え直した方がいいかもしれません。何か一つでも惹かれる要素をもっている指輪を選べば、ずっと身に付けていたいという気持ちが強まります。結婚指輪は既婚者であることをアピールすることができるアイテムですから、外したくなくなる気持ちになれるものを購入するのがベストではないでしょうか。

指輪をつけることで既婚者であることの自覚が強まる

結婚指輪は左手の薬指につけるのが一般的です。口頭で説明しなくても指輪を見た時点で既婚者であると認識されますので、常に装着していることが「よそ見をしていない」というパートナーへのアピールとなります。もしパートナーが外出時に必ず指輪を外していたらどう思うでしょうか。あまり気にしない人もいるかもしれませんが、少なくともいい気持ちにはならないのではないでしょうか。むしろ嫌な気持ちになる人の方が多いように思います。

結婚指輪はお互いの気持ちを繋いでくれるアイテムで、つけていることで相手の安心感を作り出せるほどに大きな力を持っています。大切な人を思っている証の指輪ですから、大切に思える指輪を身に付けていたいところですね。

© Copyright Happy Time. All Rights Reserved.