和洋どちらの挙式スタイルでも指輪交換はあり?

映画のワンシーンのような洋スタイルでの指輪交換

ウェディングドレスを着た洋装スタイルでの挙式の指輪交換は、挙式の中でも神聖なワンシーン。この指輪交換では、介添えの方にフォローしてもらわなければなりません。これは母親でも仲の良い友達でも構いません。新婦はグローブをしていたりブーケを持っていたりするので、指輪交換の際にはそれらを預けなければならないからです。誓いの言葉を述べた後に、あらかじめウェディングピローに準備しておいた結婚指輪が運ばれてきます。新郎新婦は向かい合って指輪の交換を行います。新婦、新郎の順にはめるのが一般的ですが、同時にはめるというスタイルもありです。牧師さんの目の前での指輪交換は、神様の前での約束のよう。永遠の愛を誓いあう、ドラマや映画にもよく出てくる感動の瞬間です。

和スタイルでもできる!指輪交換

指輪交換の儀式は、教会でのキリスト教式の結婚式で行われるものというイメージがありますが、指輪交換は宗教には関係のない儀式なので、神前式でも行うことができます。神前式では、教会式に比べるととり行う儀式が多いです。入場後にはお祓いや祈り、雅楽の演奏や祝詞の奏上、巫女さんによる舞などが披露され、お神酒の飲みかわしや玉串の奉納などしきたりにのっとって行われていきます。指輪の交換はその神社によってタイミングが異なりますが、その段階になると斎主さんが三方という木の台に指輪を乗せてきてくれ、指輪交換を行います。ただ、神前式の場合には、指輪交換が必須ではないので、とことん和のスタイルにこだわりたいという方は披露宴に回すことも可能なのです。和風のウェディングピローもかわいいものがありますから、スタイルに合わせて準備するのもいいですね。

© Copyright Happy Time. All Rights Reserved.