結婚指輪を決めるのが先?両家の顔合わせが先?

両家の顔合わせで指輪は必ずしも必要はない

両家の顔合わせの際に結納品の代わりとして指輪や記念品を交換するケースが増えているのですが、この時に必要とされているのは一般的には婚約指輪だとされています。そのため結婚指輪はこの時点では必ずしも必要と言うわけではありませんし、婚約指輪の場合も必ず用意しておくべきだとは考えられていないようです。
そのため両家の顔合わせの時期によっては顔合わせを先に済ませておくのもありですし、ある程度余裕がある場合は婚約指輪もしくは結婚指輪を準備しておくのもおすすめです。ただし婚約指輪を購入しないのであれば結婚指輪の準備はどちらにしても必要なので、それぞれのスケジュールに合わせてどちらを優先するべきなのかを考えておく必要はあります。

親の立場とすれば先に指輪を用意する方が安心できる

では両家の両親の立場からすればどちらが先の方がいいのかというと、指輪を事前に準備しておいて欲しいと考えている人が多いようです。
というのも、特に女性側の両親からすれば自分の娘が男性から大切にされている、結婚する意志がしっかりしていると知るための手段として指輪は最もわかりやすい形だと考えられています。そのため顔合わせの際には必ず必要はないとされているものの、スケジュールに余裕がある場合は出来る限り先に指輪を準備しておく方がいいとする声もあるようです。
もしもどちらを先に済ませていいのかわからない場合は、それぞれの両親に確認してどのようにしてほしいのかを教えてもらっておくのもお互いに失礼がないのでおすすめです。

© Copyright Happy Time. All Rights Reserved.